相手と心を通わす会話のヒケツ♪

『交渉心理術』 Vol.63

初対面の人や、取引先、恋人候補など^^
”ここ一番” という時こそ
できれば、和やかに楽しく会話したいものです。
ですが、こんな経験はないですか?

 

・会話がどこかチグハグで違和感がある
・沈黙が続くといたたまれない
・緊張してうまく話せない
今日は、そんなあなたが見違える
今すぐ使えるテクニックをご紹介します。

ポイントは3つ。

1 『聴き上手』になる
相手の話をよく聴いて
相手を話を引き出していく反応をする。
『聴き上手』は会話上手♪

例をあげます。

相手:「この前、明治神宮に行ったんだよ」
×「明治神宮と言えば、原宿に△△って美味しい店あるよ」
〇「明治神宮に行ったんだ~。どんな感じだった?」

 

というように
相手の話を奪わない。
話の腰を折らないのがコツ

話を奪われた相手は、つまらなくなります。

 

2 イメージする

漫画ワンピースの主人公:ルフィのように
自分の腕をビューンと伸ばして、
相手の肩を優しく掴む。
というイメージを持ち続けながら、相手の話を聴いてみてください。
そうすると、
自分の気持ちに変化がおきます。

 

今まで「自分は相手にどう見えているか?」
気になっていたとすれば

 

腕を伸ばして肩を優しく掴むイメージを持っただけで
相手の思いや世界観さえも包み込むような
優しい気持ちになるのです。
そうすると、
相手は「受入れてもらっている」と感じ
自然と心を開いて
安心して話してくれるようになります。

さらに、段々とお互いを包む空気が暖まって
場の空気が柔らかくなる。

 

そして、嬉しいことに
あなたはリラックスして話せるようになるのです♪

 

自分に向いている矢印を
相手に向けるだけ

とても簡単でしょ?

 
3 相手のペースに合わせる

相手の次のような行動にペースを合わせます。
・口調
・話すスピード
・声の高低
・うなづき
・呼吸
行動をシンクロさせるイメージです。
このようなペース合わせのことを
NLPでは『ペーシング』といいます。
例えば、出身地が一緒だった!
生まれ年が一緒だった!
出身高校が同じだった!
なんていうことが判明しただけで
「ぐぐっと相手を身近に感じますよね?

 

人は、自分と似たもの、同類が大好きです。
ですから、
相手の話すスピードがゆっくりであったら
こちらもゆっくり話す。

うなづくタイミングを合わせる。
たった3ポイントを押さえるだけで
見違えるように
心が通う会話ができます。

 
ぜひ試してみてくださいね。
※ 関連記事

初対面で親しくなれる『立ち位置』の魔法

初対面のこの人はどんな人?~瞬時に判断する方法~

関連記事

  1. 聴衆を思い通りにコントロールする技術とは?

  2. 場の主導権を握るテクニックとは?

  3. その思い込みが不幸を招く

  4. 相手に好かれる方法

  5. あなたに興味をもってもらう会話術とは

  6. 初デート ちょっと待って! その席で大丈夫?

友だち追加

メールマガジン

~毎日をもっとずっと上質に~
運命を変えるコミュニケーション

Please wait...

ご登録ありがとうございます。

  1. 脳天を揺さぶる衝撃!ひとくち唱えるだけでストレス解消

  2. 「変わりたい」だから、変われない。

  3. 自分らしさは一人の時間に磨かれる

  4. 「あれがない」「これがない」

  5. 朝の太陽光を浴びて感情美人に

  1. 登録されている記事はございません。

カレンダー

2015年11月
    12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30