変わることを望むなら、人は必ず変われる

あーーもーー!
どうしてこんなにアガリ症なんだろう!?

 

気心の知れている
ほとんど身内しかいない会議室。

 

シーンと静まり返る室内に
自分の声だけが響く、、、
その瞬間が大嫌いでした!

 

だんだん声がうわづり、震える。
耳がジンジン熱くなり、心臓が口から飛び出そうで、
息継ぎをする間が分からず、息苦しくなるし(笑)

 

そんな状態は、
社内研修の講師をするようになってからも続き、
研修のしょっぱなは、必ず「アガル」

 

会場の笑いがとれないと、頭が真っ白になり
血の気がサーッと引いていく・・・

 

「どうして私ってこうなんだろう?」
「もっとスマートにしたいのに、どうしてできないんだろう?」



自分を責めて、責めまくり、自己嫌悪に陥る。
そんな繰り返しの日々を重ねて、20年が経ちました。

 

 

■ そんな私に転機が訪れました。
今年7月のことです。
松橋先生とのご縁で、
出版コンペに出ることになったのです。

 

企画書のプレゼンをすると聞き、
緊張しすぎて、失神するんじゃないかと、
恐怖すら感じていました。

 

ところが、結果は
企画のプレゼンが評価され、
出版社5社から手があがり、
最優秀賞をいただいたのです!

 

これには自分でもビックリ!!

 

 

■ いったい何が私を変えたのか?
思い当たるのは、NLPしかありません!

 

そもそもNLPトレーナーでもあった松橋先生は
プレゼンの技術以前に、

 

トラウマを解消してくれたり、
自己肯定感を高めるワークをしてくれたり
内面の変容をサポートしてくれていたのです。

 

20年も悩んでいたアガリ症が
わずか1日間のトレーニングで改善!!

 

それ以来、二度とアガりません。
受講者の顔を1人1人みて、微笑む余裕さえできました。

 

幹部会議で発言すれば、その堂々たる姿と表現力に
男性陣はタジタジ(笑)
女性幹部として一目置かれる存在にもなったのです。

 

そして、さらに!
出版コンペでの「最高に幸せな体験」は、
会議での発表、司会進行、研修の講師をするときに
大いに役立っています!

 

というのは、NLPには
ここぞというときに、最高のパフォーマンスを発揮するための
魔法のようなスキルがあるのです。
このスキルを使えば、いつでもどこでも、
エクセレントな自分になれる!

 

これは、今すぐみなさんに教えてあげたいくらい
超効果的なスキルのひとつです♪

 

 

■ NLPを教えてくれるトレーナー選び
私は松橋先生に教えてもらえて、本当に良かったと思います。

なぜなら、
とにかく、わかりやすい!!
親身になってとことん教えてくれる。
分からなくても、分かるまでじっくり教えてくれるのです。

 

優しく、質問もしやすいし、
何より、飾らない人柄がいい。
簡単に言えば、お高くとまっていない(笑)

 

社会に出ても使えなければ意味がない。
頭に詰め込んだってダメ。
実践を積み重ねてこそ力になるのです。

 
■ NLPプラクティショナーを修了して思うこと。
人は変わりたいと望めば、変われる。
ただ、変わり方が分からないだけ。

 

嫌な自分も好きな自分もまるごと受入れたときに
私に生じた変化は、他者への「愛」が深まったこと。

 

すべて満たされ
不安も、不満も、悩みもない自分に変われ
「自分が一番でなければならない」という感情は
いつの間にかどこかへ消えていました。

 

今はただ、
自分と同じように苦しんでいる人がいるなら
その方々が変われるようお手伝いをしたい。
その方々の喜ぶ顔がみたい。
笑い声に包まれていたい。

 

そういう志を持てる自分に変化したのです。

 

アガリ症の改善も嬉しかったけれど

 

なによりも、
自分が目指すべきものや使命が明確になり、
人として成長したことが
最も尊い収穫だったと思います。

 

 

■ さぁ!次は、マスタープラクティショナー!!
どんな気づきや感動があるのだろう?
開講は来年の1月。
今からわくわく楽しみで仕方ありません。

 

私も松橋先生のように
人に影響を与えられる人でありたいから

 

学び、実践を重ね、トレーナーになり、
全国へ羽ばたきます^^

 

※ 松橋良紀先生のNLPについての詳細はこちらから
『NLPプラクティショナーコース』
『NLPマスタープラクティショナーコース』

関連記事一覧

PAGE TOP