相手が思わず答えたくなる質問のテクニック

【コミュニケーション心理術  vol.62】

2ヶ月前から写真撮影をはじめました。
先日、撮影した写真です。

この写真をみて、あなたはどう感じますか?

IMG_20151208_124224

 

 

 

 

 

 

 

友達は「ステキ♪」と言いました。

「ステキ」という言葉からは、
好印象を受けます。

けれど、その意味は「あいまい」です。

なぜなら、
「ステキ」から受けとる
印象や意味合いの解釈は
人によって違うからです。

 

例えば、
ステキ=すばらしい
ステキ=かわいい
ステキ=かっこいい
ステキ=クール

 

このように、
相手は、印象や意味合いを
自由に解釈できる。

 

さて、
人と会話する際、
話を弾ませたいばかっりに、

「どこに住んでるの?」
「休日は何しているの?」
「趣味は何?」などと

相手に質問を投げかけ続けた結果、
なんだか会話がギクシャクしてしまった経験はありませんか?

 

人にはパーソナルスペースがありますが
心にもパーソナルスペースがあるのです。
相手に心を開いていないうちに、
ずけずけと質問されると、
自分のテリトリーに土足で踏み込まれているように感じ、
それ以上の進入を拒絶したくなるのです。
では、相手に拒絶されないように
質問するにはどうしたらいいのでしょうか?

 

先ほどの例でいうと

「どこに住んでるの?」
⇒「どこに住んでいるか興味があるのです」
「休日は何しているの?」
⇒「私はゴルフをしていますが、○○さんもゴルフをなさっているのかなぁ、と思って」
「趣味は何?」
⇒「あなたがどんなことに興味をもっているのか、知りたいなぁと思って」

というようになります。

 

いかがですか?

 

直接的でなく、間接的に表現すると、
質問がソフトになりましたね。

 

これは
NLPのミルトンモデルを利用した質問。

 

ミルトンモデルとは、
催眠療法の第一人者として知られる
「ミルトンエリクソン博士」の
言葉づかいを分析・体系化したものです。

 

会話にうまく取り入れれば
あなたの人間関係がスムーズに
なることでしょう。

 

 

関連記事

  1. 「あれがない」「これがない」

  2. 今年こそは!を実現する

  3. 影響力のある人は、ことばに心を運ぶ。

  4. 相手と心を通わす会話のヒケツ♪

  5. 地図は領土ではない

  6. その思い込みが不幸を招く

友だち追加

メールマガジン

~毎日をもっとずっと上質に~
運命を変えるコミュニケーション

Please wait...

ご登録ありがとうございます。

  1. 脳天を揺さぶる衝撃!ひとくち唱えるだけでストレス解消

  2. 「変わりたい」だから、変われない。

  3. 自分らしさは一人の時間に磨かれる

  4. 「あれがない」「これがない」

  5. 朝の太陽光を浴びて感情美人に

  1. 登録されている記事はございません。

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031