地図は領土ではない

12月ともなるとパーティや豪華な料理などの華々しい投稿が目立つようになってきます。
さて、今日は、クライアントさんから寄せられた
「リア充」に対する感じ方の違いが、人間関係・コミュニケーションや自分のあり方にどう影響するか?をシェアしたいと思います。

彼女はSNS上で繰り広げられるいわゆる「リア充」投稿に以前から嫌悪感を抱いていました。

昨日、とうとう

『豪華な料理や、パーティに出席したとか、
愛車の外車を披露してる「リア充」さんって、
沢山いますよね?
そんなものがあるのは一瞬だし。
それが「リア充」ならば、私は要らない』 と、おっしゃったのです。

確かに、そういう受け止め方もありますね。
ただ、私がとても気になったのは

 

自分の感情や感覚だけが正しいと思い込むと
他の人を受け止められなくなり
いずれ孤立してしまうのではないか?ということ。
例えば、次のように、
彼女の捉え方をAとすると
Bという捉え方もあります。

 

・豪華な料理を投稿している人を見て
A 「ひけらかしている」と感じる
B 「いつか私も食べに行きたい」と思う。

 

・パーティに出席した人の投稿を見て
A 「それで何?自分がスゴイとでもいいたいの?」と思う。
B 「ステキだな♪私も来年は行ってみたい」と感じる。

 

・愛車の外車を披露している人に対して、
A 「なんだこの人、イヤミだな」と思う。
B 「あなたもこのような生活ができる日がくるよ!」というメッセージだと受け取る。
このように1つの事実に対して
捉え方は人それぞれ違うのです。

 

あなたは、AかB、どちらの自分でいたいですか?

どちらの自分がストレスがないと思いますか?

どちらの方が、コミュニケーションがうまくいくと思いますか?
自分が満たされていないと、相手を辛く・苦しく感じたり、ねたましく思うことがあります。

一方、自分が満たされていれば、『ステキね』って喜んであげることもできるのです。
■ ところで、「リア充」とは

「リア充」をウィキペディアで調べてみると、
リアル(現実)の生活が充実している人物を指す2ちゃんねる発祥のインターネットスラング。と定義されています。
生活が充実していると感じることは、人それぞれ違います。

 

例えば、

・シングルだから自由な生活を送れる!私って充実してるなぁ!

・結婚して可愛い子どもがいるので幸せ。毎日子どもと一緒にいられて充実しているわ。

・仲の良い友達と豪華料理を食べるのは最高に贅沢で幸せなひととき、これぞ充実!

・夢に向かっているからこそ人脈が大事!パーティで沢山の人に出逢えてご縁が繋がり、自分の夢が近づく実感がある!
これも充実です。
例え一瞬でも「充実」を感じられれば
「リアル充」だと思う人もいますし、
クライアントさんのように、
「一瞬しか感じられないのならリア充ではない」と
捉える人もいるのです。
このように
私たちが見たり聞いたり感じたりしている情報は、
事実とは異なり、その人の尺度によって偏って認識されてしまいます。

『尺度は人によってそれぞれ異なり、
同じ体験をしても感じ方やその捉え方は人それぞれだ。』 と
理解し、腑に落ちると、共感しやすくなり、
相手とよりよいコミュニケーションがとれるようになるのです。

■ 「地図は領土ではありません」とは、

NLPの考え方の基本となる8つの前提のうちの1つです。

地図は領土ではない=解釈は事実ではない。
つまり、人それぞれ感じ方や捉え方に違いがある。それを理解し受け止めよう!
という哲学のようなものです。

 

 

関連記事一覧

PAGE TOP