自分は彼女のタイプじゃないからと諦めないで!

婚活女子4名を連れて、合コンに行ってまいりました!
20年ぶりの合コン
私は母役に徹しましたが^^;

 

なるほど、そういうことだから「恋人」がなかなかできないのだな。

と感じる場面が沢山あって面白かったのです。

 

当の本人はいたってまじめなので
面白いというと語弊があるかもしれませんが・・・

 

さて、男子諸君に言いたい!
タイプの女子がいたのに、
なぜ、もっと自分をアピールしないの?
アピールしたら何が問題でもあるの?

 

二言目には、「どんなタイプがお好きですか?」と聞き、
自分と言われたタイプを比べて、
勝手に沈没してしまうなんてもったいないじゃないのぉ(;´д`)トホホ

 

 

一度、自分にこのように問いかけてみて欲しい。
「自分はほかの人と何が違うのか?」
「自分の付加価値は何か?」

 

 

恋愛だけでなく、ビジネスでも一緒です。
上司に能力がなかったら部下からの信頼は得られないし、
自分の存在意義、付加価値を示しつづけてこそ、部下が付いてくるのです。

 

上記の考え方はあまり日本的ではないかも知れませんが
あなたにはあなたの個性がある。

 

その個性を輝かせることが、あなたの人生そのもののなのですよ。
相手の評価が気になるのは、他人と自分を比較しているからです。
本来、人間の価値は比べようがありません。

 

 

自分の本分を生きればいいと
強い意志を持ってほしい。
ただ、そうはいっても強い意志で乗り越えられない!と言うのが本音かもしれませんね。
強い意志、精神力がなくても目的を果たすことができたらどうでしょう?

 

 

さて、今日は、
タイプの彼女を落とす3ステップ
(エモーションフリーバージョン)をこっそりお教えします^^

 

ステップ1
女性に対してなんとなく臆病になってしまうとき、自分はどう感じているのか?
少し掘り下げて考えてみます。

 

例えば、
自分は女性が苦手
緊張すると会話をはずませられない
楽しんでもらっているか気になってしまう
さまざまなマイナス感情が自分にあることがわかります。

 

ステップ2
ステップ1でピックアップした自分のマイナス感情をエモーションフリーという技法で開放します。

 

ステップ3
彼女の「○○タイプが好き!」という決めつけも、エモーションフリーで開放します。

 

 

ゴール
自分の女性に対する苦手意識がなくなり
彼女は「○○タイプ」でないあなたを受け入れてくれます!!

とても簡単でしょう?
人生、山が沢山あるのだから、これくらい楽してもバチは当たりません。
ぜひ、お試しあれ^^

関連記事一覧

PAGE TOP