影響力を効果的に発揮する、たった2つの条件

あなたが場を支配したり、
相手に対して影響力を及ぼしたいと思うのは
どんな場面ですか?

 

誤解のないように言っておきたいのですが、
影響力を持つことや、場を支配することは
人を説得したり、思い通りに操作することではありません。

 

相手を洗脳したり、圧力をかけたりしなくても
場を支配したり、影響力を発揮することができるのです。

 

実は、私の先輩がそうでした。

彼女は、10年前にガンで亡くなってしまったけれど
今でも、私の人生のお手本であり続けています。

 

今から思うと、彼女は影響力を発揮する条件を
知ってか知らずか全て満たしていました。

 

条件は2つあります。

一つ目は

言語や非言語(目線、態度など)が
相手の思考や行動に影響を与えるということ。

 

二つ目は

相手に敬意を払い、大切に思っていること。

 

二つの条件のうち
二つ目だけを重視してしまう人がいます。
それでは気配りのきくいい人にはなれますが、
自分の意見を主張することができなくなります。

 

『影響力を持つこと』や『場を支配する』ために
一つめの条件にしか気を払わない人たちの方が多いのです。

 

パワハラをする上司や
仕事が出来ないふりをして、回りを巻き込んで、うまく手伝わせてしまう人はいい例です。
次回へ続く

 

~~お知らせ~~
心的ストレスの軽減支援(被災された方々へ) 無料

エモーションフリー講座in東京(H28.6.11(土)10~17時)についてはこちら

関連記事一覧

PAGE TOP